12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 20.減少する働き手 | top | 明けましておめでとうございます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
21.人口革命
 こんばんは。

本日も、
日本経済新聞の連載記事、
『人口減社会の未来図』をご紹介します。

最終回の第21回は
「人口革命 〜自助と共助軸に知恵・能力結集を〜」です。


現代の日本社会が経験しつつある人口の大転換は、
数千年にわたる日本の歴史の中でも特筆に値する出来事かもしれない。

日本人は2004年からの数年間、
列島の最大人口を経験したが、今後は恒常的、加速的な減少を経験する。
やはり数年前、日本は世界一の高齢化国となったが、
高齢者の比率は今世紀前半を通してさらに倍増する。

拡大から縮小へ、成長から成熟への歴史的遷移は、
大小様々な波を乗り越えて、人類史の次段階を示唆する。

こうした人口の転換は、
子どもの産み方の転換(人口置換水準以下への出生率低下)や
飛躍的な長寿化など、われわれの生き方の変化によってもたらされた。

学校卒業後すぐに就職し、
結婚して2人の子供を育て、定年後は夫婦で暮らすという
大多数が思い描いた生涯の平均像は過去のものとなった。

家族の姿も3世代同居は減り、
今や夫婦と子からなる世帯ですら標準とは言えない。

いつのまにか日本人の生き方自体に静かな革命が起きていた。
その帰結として、人口減社会という未知への扉を開くこととなった。

その向こうに透けて見える明るい未来は、
未曾有の高齢化、労働力需給の逼迫や後継者難、
社会保障負担の増大と財政赤字、社会資本の老朽化などの
問題解決なくしてはあり得ない。

こうした一大変化を人口革命と呼ぶなら、
その本質、すなわち低出生率と長寿化、
ならびにその背景にある人々の営みの変化を理解し、
歴史上の重要なステージに立っていることを正しく認識する必要があろう。

多様化する生き方の中で誰もが安心して暮らせ、
心豊かに次世代をはぐぐくむ社会を実現するには、
若者も高齢者もすべての人々が自助と共助の下に
持てる知恵と能力を結集する必要がある。

日本の社会はもはや元の場所に戻ることも、
同じ場所にとどまることもできないのである。
(国立社会保障・人口問題研究所 執筆)

今回は、連載最終回。
原文をそのまま記載させて頂きました。

これまで21回の連載でしたが、
皆さんはどのようにお考えになりましたでしょうか?

次回、
奈良間の目線で、総括をしたいと思います。

では!

生産性向上ラボ | 人口減社会の未来図 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 18:38 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: