04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 『士業・コンサルタント開業成功セミナー』に参加してきました | top | 子育て家庭に朗報! 子育て優待カードのお話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
労働基準法の改正、準備は大丈夫?
 こんばんは。
ならっちです。

台風も過ぎ去りましたが、みなさん大丈夫でしたか?

さて、10月に入り、来年4月まで半年を切りました。

2010年の4月。
そうです。改正労働基準法が施行されるのです。

改定のおもなポイントは3つ。
 峪間外労働の限度に関する基準」の見直し
→労使当事者は限度時間を超える時間外労働に対する割増賃金率を引き上げる様務める事

∨…邀篩賃金率の引上げ
→月60時間を超える法廷時間外労働に対して、使用者は50%以上の率で計算した割増賃金を支払う

時間単位年休
→年次有給休暇を時間単位で付与することができるようになる

企業にとって特に気になるのは△任靴腓Δ。
つまり、たくさん残業している人には今まで以上に残業手当を支払いなさいということです。
不況の中でちょっと厳しい法改正でしょうか?

しかしなぜ、ならっちがこんなことを書くのか?
それは、この法改正がワークライフバランスを推進するために考えられているからです。
つまり、
   残業手当を増やしなさいという法改正
        ↓ 
   企業は社員が残業をしないような方策を本気で考える(コスト増やさないために)
        ↓
   社員は残業を極力しない形で業務に当たることになる
        ↓
   社員は早く帰宅できる
        ↓
   ワークライフバランス推進!


という事です。
 
さらに、改正ポイントは育児や介護などで年休を時間単位で取得できるようにするもので、
今日は介護をしている親を施設へ迎えにいかないといけない!
とか、
今日は子供が学校から早く帰ってくるから・・・
などと云う時にちょっと早く帰れば対応できる要件を年休で対応できるようにしたものです。
う〜ん!すばらしい!

しかし、この制度をきちんと活用するためには、企業側の努力が必要となります。
つまり、ほかの社員が時間単位年休を取る社員の実情をきちんと理解し、快く年休を使える体制を整えておく必要があります。

法改正を真の意味でうまく活用するためには、残業削減も、時間単位年休も社員の意識改革が必要です。
4月が来てから対応するのではなく、今のうちからアナウンスをし、準備をすることが必要です。

ということで、
10月のワークライフバランス無料セミナー
無料セミナー”企業戦略としての『ワーク・ライフバランス』”を開催します。
日時:10月27日(火)16:00〜17:30
場所:つくばカピオ 3F小会議室1
費用:無料(要申込)

ぜひ。
生産性向上ラボ | 法律の話 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 23:09 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: